こころにっこりまちづくり

2010年にさいたま市に引っ越し、翌年2011年 東日本大震災が発生し、家族だけで子どもたちを守ることには限界があり、友人や地域とのつながりが大事だと考えるようになりました

二人の子どもの母である私が、子育てのリアルな声を生かした政策提案につなげていきます

子どもたちが安全にこころにっこり過ごせるまちは地域の活力があり、かつ高齢者や障害者の方々も安心して過ごせるまちです

あなたの暮らしの声に寄り添った、きめ細かい政策提案をします

お困りごとがありましたら、ご連絡ください

出雲けいこの提案

一人ひとりの多様な価値観や生きかたを認め合い尊重し、お互いさまに支え合える社会に向けて

〇あなたらしさが尊重される社会

歳を重ねても幸せに生きられる社会づくり

家族を支えるケアラー、ヤングケアラーの支援

性的マイノリティへの制度や支援

女性の様々なライフステージをしあわせに過ごせる支援

〇社会全体で子ども・子育てを支えるさいたま

子どもたちがその子らしく育つ環境のために、遊びや学びの充実

公園でのボール遊び禁止の緩和

子どもたちの意見もきちんと反映される社会のために、子ども議会やアドボケイトの制度導入

ママ、パパの気持ちに寄り添った支援の充実

ひとり親、多胎児家族が使いたい支援の充実

保育施設や放課後児童クラブの充実

ペリネイタルロス(天使ママ・天使パパ)の支援

〇命と暮らしを守るさいたま

誰一人取り残さない減災・防災

水害に強いインフラの強化

顔が見える共助で支える防災

避難所となる施設のトイレに大型ベッドの設置

〇持続可能な社会のためにシェアリング

地産地消のエネルギー活用

学校で使う学用品の共有使用

オンデマンドの交通手段やコミュニティーバス等の路線や運行本数の拡充

労働者協同組合の支援充実

Twitter

@izumokeiko

トップへ戻る